Le petit Bijou   
アンティークミニレディテーブル
1.jpg アンティーク 花の装飾.jpg ミニテーブル.jpg アンティークのテーブル 鏡付き.jpg アンティークのテーブル.jpg アンティークの装飾 顔.jpg テーブルの脚 装飾.jpg テーブルの装飾.jpg フランスアンティーク テーブルの脚.jpg フランスアンティーク ミニテーブル.jpg フランスアンティーク 花の装飾.jpg フランスアンティーク 装飾 花.jpg フランスアンティーク 装飾.jpg フランスアンティーク.jpg フランスアンティークのテーブル.jpg フランスアンティークのミニテーブル.jpg フランスアンティークの装飾 顔.jpg フランスアンティークの装飾.jpg フランスのアンティーク 装飾.jpg ミニテーブル アンティーク.jpg
アンティークミニレディテーブル
こちらは1880年ごろつくられたミニレディテーブルです。
曲線美を特徴とするルイ15世様式から 直線的なデザインが多くを占めたルイ16世様式へと移り変わる途中の、トランジション様式。
脚はまだカーブを描いていながら(ルイ15世様式)、ボディは直線的になっている(ルイ16世様式)のが特徴で、まさに流行が移り変わる途中の、双方の良さを感じられる贅沢なスタイルです。
全体としては、すっきりとした印象の中にも甘さを感じられ 主張しすぎず大変品があるとして、根強いファンの方に支持を得ています。

そんなトランジション様式のこちらのミニレディテーブル。
40cmに満たない横幅と30cm弱の奥行きの小さなボディには、輝きが詰まっています。
すっきりとしたボディと緩くカーブを描く足には、ボリュームのあるブロンズ装飾が飾られています。
美しいブロンズがたっぷりと飾られていながら 派手になりすぎず品を崩さない絶妙なバランスは、さすがと言ったところ。
ローズウッドの明るく柔らかい色と綺麗に磨かれたブロンズのゴールドも非常にマッチしており、女性らしい華やかさのなかに男性ぽい力強さも感じられるお品です。

作られた当時に良い材料と高い技術で作られたものは、100年200年と過ぎても非常にかっちりとした姿で残りますが、こちらのテーブルもそのようなレベルのお品です。
一般的な家具と良い家具の違いを感じるには、実際に見て触っていただければわかりやすいのですが、そのほかにはブロンズ装飾の質を見るのも良いでしょう。
彫りが深くくっきりとし、パターンのある装飾はその一つ一つが均等で整然としているのがお分かりいただけるでしょうか。
天板を開けた中の蝶番などのヒンジ金具にも彫刻が施されているのもまた、良い品に見られる特徴です。

あとは実際に触れて天板を開け閉めしたり、方々からじっくり見ていただければ納得していただけること間違いありません。
アンティークにはあって当然の細部の歪み、そしてそこから派生するガタつきや木のダメージなども見られないピシっとした姿は、当時の職人たちの純粋で真面目な手仕事の賜物です。

この小さなテーブルに詰まった美と輝きがこんなに空間に影響を与えるのかと、きっと誰もが驚かれることでしょう。
きらきら輝く宝石のような特別なテーブルを、ぜひご自身の目でご確認ください。

タイプ: レディテーブル スタイル: Transition 年代: circa 1880 輸入国: France
材質 ボディ: 表面: ローズウッド 仕上げ: ベネシャン ターペンタインニス
サイズ 横幅: 38.5 cm 奥行: 29.5 cm 高さ: 73.5 cm
商品番号: LPC745 / Sold out
税込価格: - 円
 
お電話でもご注文頂けます:
045-294-3243/080-7130-0077
(毎日9:30時~21:00時) 


メールでもご注文頂けます:
laurent@laurentcluet.jp